結婚式にお呼ばれ!その服装はもしかしてNG?

≪女性ゲスト編≫ 女性の避けておきたいポイント

『白』は花嫁さんの色

最もポピュラーなNG、白のドレスは厳禁です。
結婚式で主役である花嫁と張り合う印象になってしまい、他の参列者にもいい印象を与えません。気を付けたいのが、着席することが多い披露宴では上半身が見えていることが多いので、ぱっと見、白に見える淡い色の服装は避けた方が無難です。
全身「白」にならないように、濃い色の羽織ものや濃い色の小物を合わせましょう。
男性ゲスト同様、全身「黒」のコーディネートもお葬式を連想させるので避けましょう。明るい色の羽織ものや小物で明るく華やかなコーディネートを意識して。
ファー素材や動物の皮も殺生をイメージさせるためNGです。
結婚式の時間帯や式場の格式によっては、選ぶフォーマルドレスの種類も変わってくるので注意しましょう。

過度の露出はNG!

ひざ上10cm以上の短すぎるスカート丈や、肩を出したデザインのもの、襟ぐりが大きくあいたものなど、露出の多すぎるデザインはNGです。
スリットが入ったスカートも気を付けましょう。
肩を出した服装はマナー違反となるので、ノースリーブタイプのドレスを選ぶ場合は、ボレロやショールなどの羽織ものが必要です。
ただし、結婚式の時間帯が夜になる場合や、カジュアルな式の場合は肩を出した服装でもOKとなります。
過度の露出はNG!だからと言って、リクルートスーツなどを選んでもNGとなります。結婚式はあくまでお祝いの席なので、明るく華やかな服装でお祝いしたいですね。
花嫁より目立つことはタブーです。流行のデザインを取り入れつつも、マナー違反にならない服装を心掛けて。


TOPへ戻る