結婚式にお呼ばれ!その服装はもしかしてNG?

NGポイントをしっかり押さえよう!

式場の格式や新郎新婦との間柄を意識して

結婚式にお呼ばれした場合、男性ゲストは礼服がスタンダードですが、最近ではスーツを選ばれる方も多いようです。
礼服の中でも、準礼装(タキシードやディレクターズスーツ)や略礼装(ブラックスーツ)を着用します。
また、スーツを選ばれる場合、気を付けないといけないのがカラー!
ダークカラーのスーツの着用が安心です。白のスーツは新郎とかぶる可能性があるのでNG。明るい色の白に近いような色のスーツもぱっと見、白に見えてしまうのでNGです。無地の黒のスーツはコーディネートに気をつけないと、全身真っ黒のまるでお葬式のような装いになってしまいます。
あくまでお祝いの席、黒のネクタイはNGです。ベストをグレーにするなど華やかさを意識します。
その他、新郎よりも目立ってしまうような派手すぎる服装や、フォーマル感なしのビジネススーツやカジュアル過ぎるものも避けましょう。
ポケットチーフで華やかさをプラスするといいですね。

シャツやネクタイ選びも気を抜かない

意外に見落としがちなのがシャツ、中に着るワイシャツにもNGがあります。
ボタンダウンのタイプのワイシャツはカジュアルになる為NGです。
白で無地のワイシャツはフォーマルな場の基本です。襟の形もレギュラーなものを選びましょう。白でも半袖シャツ、メッシュ生地のワイシャツはカジュアルなのでNGです。
白以外にサックスブルーと呼ばれる淡い青もOKとされます。式場の格式によっては淡いパステルカラーもOKとなりますが、パステルカラーがOKでも、派手な色や柄のワイシャツはマナー違反となるので注意しましょう。悪目立ちしてしまうようではNGです。
ネクタイも光沢のあるシルバーグレーや白地で無地のものが基本ですが、格式が高い結婚式でなければ、ワイシャツ同様淡いパステルカラーや、細かい模様の入ったものもOKです。


TOPへ戻る